Honey dip diez


「あれから幾つの扉をあけてきたんだろう?今は毎日おんなじ時間に起きて、
あわて、急かされ、心は毎日ストレスに削られて、生きてく為の言葉なんて何処にも
見つからなくて、ただこのまま老いてゆくのかな?なんて、、女の子と交際した事も
無くはないんだけど、今では心がトキメク、なんて事あまりなくなってしまった。
何年か前までは、欲しい物や遣りたい事もたくさんあったんだけど、
今はどうでもよくなってきている。欲シガリマセン勝ツマデハ なんて言葉も何処かで
聞いた事あるけど、そもそも 勝ちたい、って思う事もないし、ないものねだりで
忙しい、じゃなくて、ないものねだりは殆どないのに、なんだか忙しい。

だけど、、、

数日前から少しばかり気になっている事がある。めずらしく少しドキドキしている。
随分と昔に訪れた扉で出会った黒髪の少女がいた。彼女のおかげで僕は助かったらしい。
その少女に面影がとてもよく似ている、、恐らくあの少女がそのまま成長していると、
こうゆう風になってるんじゃないのか?と想像してしまうような女性を
ある行きつけのカフェバーで数日前から見かけるようになった。それまでは
週に2回程度だったが、週に3、4回、通うようになった。彼女も殆ど一人で
来ているようだ。友達らしき人達と連れだって来ている事もあるようだが、
一人で来ている事が多い。僕がカフェバーに行くと居ない時もややあるものの
大抵居る事の方が多いので、従業員かな?とも思ったが、そうではなく、
やはりお客さんとしてらしい。声を掛けてみようか?とも思うがナンパなんてした事
ないし、ストーカーみたいに思われたら嫌なので、彼女の事が気になりながらも、
殆どバーのマダムの若かりし日の恋話のお相手をしている。マダムは異国の紳士が
今でも忘れられないらしい。
そして、、今日もカフェバーへと足をはこんだ。
しかし、、、この日はいつもとすこし違った。」

once

Honey dip top