Honey dip  doce

「今日はめずらしい、そしてとても美味しいはちみつ酒があるのよ♪」
マダムが満面の笑みで微笑んだ。どうやら愛しの紳士さまの国のお酒らしい。
連絡が取れたのか何なのか判らないが、とにかく上機嫌で薦めてくる。
どうやら、喜びを分かち合いたいらしい。
僕はふと周りを見渡した。例の彼女が気になるのだ。
しかし今日はまだ開店してから
あまり時間が経ってないせいか、店内にはマダムと僕だけだ。
窓の外は木枯らしが震えるように舞っている。
「今日は風があるわね、、女給さんもお休みが欲しいって言ってきたし、
このままお客さんが来ないと、あんたと私だけだわね、、せっかくのお酒があるのになんだか寂しいわね、、」

その時

カラン♪

扉が開いた。例の彼女だ。

鼓動が速くなる


trece

Honey dip top