Honey dip tres

「あら、なんだか何処からか甘くおいしそうな香りがするわ、何かしら?」

カザネは辺りを見渡し、ふと、空を見上げました。

すると、まあるいお月さまが

仄かに闇を照らし始めています。

やがて、、

どこかしらから風の音にのせ、、、

唄が聴こえ、、て、、きて、、、



〜♪〜♪〜♪〜

チョコレエトな空

ころがる お月さま

答えあわせ したいけれど

デタラメだけ そこいらじゅう

本当の答えを

お月さま てらして

こわれそう こわれそう

ころがる お月さま

チョコレエトな夜ノ空ガオテントウサマニ溶ケハジメルマエニ

本当ノ答エヲ

オ月サマ テラシテ

〜♪〜♪〜♪〜



「幻聴だったのかしら?何だか囁くような歌声だったわね、、、

確かあちらの方からだったかしら、、、?」

カザネはウタの聴こえてきた方へ月あかりを頼りに歩き始めました。

すると、 、 、

なにやら、 、 、

Doorのような 、 、

何かがぼんやりと、 、 、 、


cuatro

Honey dip top