Honey dip uno

あるところに、あまいものが大好きな カミル とゆう少年がいました。

住んでいる町から殆ど出歩いた事のないカミルは、未だ見ぬ世界への憧れでいっぱいでした。

ある日、カミルは街のはずれで、はちみつで出来た甘いDoorを見つけました。

「Doorの向こう側にはきっと、このつまらない世界とは違う、

ドギドキする何かがきっと待っているに違いない」

とDoorを、たたきはじめました。

するとどうでしょう、はちみつで出来たDoorはカミルを抱きしめるかのように包みこみ、

甘くドギマギするような事が次から次へとおこりはじめました。
カミルは嬉しくて笑みを浮かべはじめ

「なんて素敵なんだろう、前のつまらない世界とはくらべものになりやしない!!」

といい、Doorにだんだん呑み込まれてゆきました。

だけど、そんなにドギドキが長続きするはずもなく、しばらくするとカミルはすっかり飽きてしまいました。

そして別の何かを探すために、もがきはじめると

はちみつで出来たDoorはすっかり硬くかたまってしまっていて

カミルは身動きが自由にとれなくなってしまい、、、、

やがて笑みを忘れはじめ、、、


dos


Honey dip top