Honey dip  nueve

 

バシッ!!

 

キャラメル扉から稲妻のような光と音が、、

「なんやっ!?やっぱりシテロ、お前なんかしくじったんちゃうか!?時間空間があの辺

 歪んどるで!」

「申し訳ありません、実は僕が留守の隙に少年が勝手に扉な入ってしまって、かくかくし

かじかで(すべてをソンブラに告白)、なんです〜()ケサランパサラン(号泣)

「やっぱりおかしい思おてたわ、、ちょっと呪文ゆうさかいに、ちょっと離れときぃ!」

 

〜kjbdヴぃえhgcせfhjfんせrg〜

〜んヴぃえdうぇんv;えjヴぇwvjdc〜

〜kjrんfちgd、えxぺdkふぉkfr〜

 

 しばらくして、稲妻は何とか治まった様子。

「やっと治まったわ、、ほんまにもう!そやから正直に言わんとあかんゆうたやろ!!」

「申し訳ありません、、ケサランパサラン、、、」

「戒めの呪文唱え、もひとつ増やさなあかんな、、」

 

〜dmdlkdcmさpd;dplkmx〜

 

はい、、、ケサランパサラン ホワランソワラン、、?!」

「まぁ、それ言うんで時間の歪みは補正できるわ。そやけど、、交代もおらんと此処に

 一人はシンドイかもなぁ、、留守にする時は此処に誰も入って来れんようにする

結界呪文を、とりあえず教えとくわ、 ○○○ や、覚えときや!そやけどあんまり

サボってばかりはあかんでぇ!呪文効かへんくなるからな!」

「はい、、承知しました、、そして結界呪文、ありがとうございます。

ケサランパサラン ホワランソワラン」

「あと、キャラメル扉のカミル君、、大丈夫や思うけどなんや少おし、おかしな事に

 なっとるかも知れんな、、、けど、、まぁ、、大丈夫やろ♪」

「何か変わった事があれば又、ご報告いたします。ケサランパサラン ホワランソワラン」

「たのむで、ほな、このふたつの コレ 持って取引に行ってくるわ♪

あと、よろしゅうにぃ♪」

 


diez

Honey dip top